欧冠冠军足彩

欧冠冠军足彩
あなたの現在の場所 : 表紙 > ニュースセンター >> 技術情報

ニュースセンターnews

お問い合わせContact Us

大連華烁機電設備有限企业

連絡先:徐経理

携帯電話:15841179020

電  話:86-0411-88530055

住  所:遼寧省大連市金州区淮河西路1-4号

URL:www.dlhuashuo.com

ly.jpg

金型設計製造プロセス

発売日:2021-05-10 00:00:00 著者: クリック:

一、大連金型加工製造プロセスは以下の通りです。


审図—スペアパーツ—加工—フレーム加工—ムーブメント加工—电极加工—金型部品加工—検査—組立—飞び型—试型—生产。

欧冠冠军足彩

二、フレーム加工の詳細


(1)番号付けは統一して、モジュラスも番号を付けます。フレームの番号と一致して、方向が一致していれば、組み立てる時に合わせても間違えにくいです。


(2)A/B板金加工(すなわち動定型フレーム加工)


A/Bプレートの加工は、額縁の平行度と垂直度が0.02 mmであることを保証しなければならない。


フライス盤加工:ねじ穴、水穴、トップホール、マシンジャック、面取り


仕上げ加工:歯を攻め、辺を修理する


(3)パネル加工:フライス盤加工中の中ぐり機の穴または加工口の穴。


(4)トッププレート固定プレート加工:フライス加工:トッププレートとBプレートは回針で連結し、Bプレートは上に向かって、上から下までドリルトップホールを通して、トッププレートの底を上に向けて、校正し、先にドリル粗加工をして、更にフライス仕上げで所定の位置につけて、面取りをする。


(5)底板加工:フライス加工:ダッシュ、校正、ボーリング、面取り。(注:一部の金型は強く突き上げる必要があります。トップ機構を強く引っ張って、トッププレートにドリルのねじ穴を入れるようにします。)


三、ムーブメント加工の詳細


粗加工は六辺を飛びます。フライス盤に加工して、垂直度と平行度を保証します。研削残量は1.2 mmです。


粗挽き:大水磨き加工、先に大きい面を磨き、ロットで小面を挟み、垂直度と平行度が0.05 mmであることを保証します。残量は両側0.6-0.8 mmです。


フライス盤加工:まずフライス盤のヘッドを修正し、0.02 mm以内にワークを修正し、ネジ穴、トップホールを加工し、ワイヤー穴を通して、嵌め込みピンの穴を開けます。マシンの穴またはフィニッシュ穴を分けて、テーパーの面取りをします。


仕上げ加工:歯を攻め、タイプを打つ


CNC粗加工


外熱処理HRC 48-52


研磨する大水磨はフレームよりマイナス0.04 mmまで加工して、平行度と垂直度が0.02 mm以内であることを保証します。


CNC仕上げ


電気スパーク加工


型を節約して、きれいさを保証して、良い型の空洞の寸法を制御します。


加工口、排気ガス、亜鉛合金の場合、ゲートは0.3-05 mmで、排気は0.06-0.1 mmで、アルミ合金ゲートは0.5-1.2 mmの排気を開けて、0.1-0.2 mmで、プラスチックの排気は0.01-0.02を開けて、できるだけ広くして、薄くしてください。


この記事のURL:

関連タグ:大連金型加工

最近見た:

お問い合わせ

add1.png 会社のサービスホットライン:

 15841179020

add2.png 住所:遼寧省大連市金州区淮河西路1-4号

  • ホームページ
  • 電話
  • トップに戻る
  • XML 地图 | Sitemap 地图